【事業名称】 平成27年度
産業振興センター太陽光発電システム設備整備事業

再生可能エネルギー設備

  • (発電)太陽光 
    [10kW]
  • (省エネ等)蓄電池 
    [15kWh]

設備の概要

 産業振興センターへ太陽光発電システム(10kW)及び蓄電池(15kWh)を設置し、災害の際の停電時に必要となる電力を確保することで、市民が安心して避難できる環境を整える。

CO2削減効果(見込み)
6.275 [t-CO2/年]
総事業費
 円
補助金額
 円
完成年月
平成28年2月

施設の概要

(分類)
その他 
(役割・機能)
 産業振興センターは、「刈谷市地域防災計画」で避難所に指定されている施設であり、災害時には近隣住民等を対象に、一時的には1,070人(想定)、長期的には350人(想定)の受け入れを行います。主に復旧までの住民の宿泊、給仕等を行うことを想定しています。
(所在地)
愛知県刈谷市相生町1丁目1番地6

再生可能エネルギー等導入による地域づくりの取り組み状況

 刈谷市は全国的に見ても、日射量が多い地域であるため、防災拠点を中心に公共施設の太陽光発電の導入を積極的に推進している。特に小中学校については、民間資本も活用しながら全校に非常時にも活用可能な太陽光発電を設置するとともに、環境学習にも活用し、子どもたちの環境意識の向上を図っている。また、市民に対しては、太陽光発電及び太陽熱利用システムに対する補助を行うことにより、再生可能エネルギーの導入を促し、低炭素で防災力の高い地域づくりを推進している。

事業を行うにあたって工夫した点

 産業振興センターは、平常時の利用者も多く、地域の拠点となる施設であるため、発電量・蓄電量等を表示する啓発用モニターを設置して、常時「見える化」することにより、市民や事業者の環境意識、防災意識の向上を図った。

担当窓口

刈谷市 経済環境部(平成28年度より産業環境部)環境推進課 環境推進係
電話:0566-62-1017
E-MAIL:kankyo@city.kariya.lg.jp

年次報告※初年度は、設備の導入を実施した年度となるため、稼働時間がたいへん短くなっている場合があります。

平成27年度

削減量
 [t-CO2/年]
導入効果