【事業名称】 平成27年度
指定避難所・広域的避難所太陽光発電照明灯設置事業

再生可能エネルギー設備

  • (発電)太陽光 
    [1.145kW]

設備の概要

太陽光発電LED照明灯 37基設置

CO2削減効果(見込み)
0.663 [t-CO2/年]
総事業費
34,614,000 円
補助金額
34,614,000 円
完成年月
平成28年2月

施設の概要

(分類)
物資拠点(集積・搬送等)・防災倉庫□ 県民会館・市民会館・公民館 学校等文教施設 公園・防災公園 
(役割・機能)
 災害が発生した際、住民の指定避難所および広域避難所となる施設等に太陽光発電照明灯を設置することにより、災害時の住民のスムースな避難を図る。
(所在地)
福井県鯖江市日の出町6-37他

再生可能エネルギー等導入による地域づくりの取り組み状況

 避難準備情報、避難勧告、避難指示の発令時において、スムースに避難所へ誘導する直接的効果は勿論のこと、平常時から誘導灯として存在感を示す設備を設置することで住民の防災意識の向上や減災に対する備えを啓発する。
 また、各地域・町内会で実施している防災訓練などを通じて積極的に地域住民に設備のPRを行い、災害時の不安感の軽減とともに、更なる再生可能エネルギーの導入促進を図る。

事業を行うにあたって工夫した点

 平常時は、防犯灯機能や公園灯機能を果たしながら、災害時には避難誘導灯としての機能を充分果たす仕様の照明灯を選定し、より効果的な事業とした。  

担当窓口

鯖江市 産業環境部環境課
電話:0778-53-2227
E-MAIL:sc-kankyo@city.sabae.lg.jp

年次報告※初年度は、設備の導入を実施した年度となるため、稼働時間がたいへん短くなっている場合があります。

平成27年度

削減量
0.07 [t-CO2/年]
導入効果