【事業名称】 平成27年度
ふれあいセンターびらとり太陽光発電設備導入事業

再生可能エネルギー設備

  • (発電)太陽光 
    [19.1kW]
  • (省エネ等)蓄電池 
    [31.2kWh]
  • (省エネ等)高効率照明(街路灯含む) 
    [4kW]

設備の概要

ふれあいセンターびらとりの屋上に太陽光発電システム(19.1kW)を設置し、蓄電池(31.2kWh)を導入することで、施設の避難所としての機能を強化し、照明設備をLED照明へ交換することによりエネルギー利用の効率化図りました。

CO2削減効果(見込み)
11.972 [t-CO2/年]
総事業費
70,200,000 円
補助金額
61,888,000 円
完成年月
平成28年2月

施設の概要

(分類)
庁舎・行政基幹施設 
(役割・機能)
ふれあいセンターびらとりは、平取町地域防災計画で指定避難所として指定されている施設であり、災害時には近隣住民590名(想定)を受入れ、復旧までの住民の宿泊、給仕等を行うことを想定しています。
(所在地)
北海道沙流郡 平取町本町35-1

再生可能エネルギー等導入による地域づくりの取り組み状況

平取町では平成19年度に「平取町地域新エネルギービジョン」を策定し、ビジョンに沿ってこれまでふれあいセンターびらとりをはじめ、中学校や宿泊施設などの公共施設への太陽光発電設備の導入を実施してきました。
学習の場や住民が集まる場所へ再生可能エネルギーを導入することにより、地域住民の環境・エネルギー問題に関する意識向上を図っています。

事業を行うにあたって工夫した点

担当窓口

平取町 まちづくり課地域戦略係
電話:01457-2-2221(代表)
E-MAIL:kikaku2007@town.biratori.hokkaido.jp

年次報告※初年度は、設備の導入を実施した年度となるため、稼働時間がたいへん短くなっている場合があります。

平成27年度

削減量
 [t-CO2/年]
導入効果