【事業名称】 平成27年度
三宝下水処理場太陽光発電等設備導入事業

再生可能エネルギー設備

  • (発電)太陽光 
    [20kW]
  • (省エネ等)蓄電池 
    [20kWh]

設備の概要

太陽光電池モジュールにより発電した電力を、平時は蓄電池設備に貯えた後、所内電力の一部として全量消費する。非常時(商用電力の停止)には蓄電池設備より管理棟2階執務室に照明用電力として供給をおこなう。

CO2削減効果(見込み)
12.55 [t-CO2/年]
総事業費
 円
補助金額
 円
完成年月
平成28年1月

施設の概要

(分類)
下水道施設 
(役割・機能)
 当処理場は、市の北西端大和川河口に位置し、下水の終末処理と雨水の排除を行っています。また、2009年からは堺浜地区へ高度処理水を送水し、水洗トイレ洗浄用水や散水用水、工業用水として有効活用しています。
 また処理場管理棟は津波避難ビルに位置づけられています。
(所在地)
大阪府堺市堺区松屋大和川通4丁147番地1

再生可能エネルギー等導入による地域づくりの取り組み状況

再生可能エネルギー等導入を通し、省エネ・省CO2に積極的に取り組み、下水道ビジョンに掲げる「地球温暖化対策を実現するまちの実現」を啓発しています。

事業を行うにあたって工夫した点

下水道部BCP(業務継続計画)において、三宝下水処理場で必要とされる資機材を考慮し、非常時の特定負荷の選択を実施した。

担当窓口

堺市 上下水道局 下水道部 下水道施設課
電話:072-250-5476
E-MAIL:geshi@city.sakai.lg.jp

年次報告※初年度は、設備の導入を実施した年度となるため、稼働時間がたいへん短くなっている場合があります。

平成27年度

削減量
 [t-CO2/年]
導入効果