【事業名称】 平成27年度
須崎市立スポーツセンター太陽光発電設備等整備事業

再生可能エネルギー設備

  • (発電)太陽光 
    [40kW]

設備の概要

須崎市立スポーツセンターは、浦ノ内地区で唯一の大規模建物であり、災害時には多くの非難者を収容する施設となる。その際少しでも良好な避難生活環境を確保し、また施設自体の孤立化を防ぐための通信手段の確保も必要であり、そのための電源を確保する目的で整備する。
太陽電池モジュール単結晶250w 164枚
パワーコンディショナー10kw 4台
蓄電池 リチウム電池15.6kw 2台
データ計測装置 1台

CO2削減効果(見込み)
25.099 [t-CO2/年]
総事業費
67,935,240 円
補助金額
67,529,000 円
完成年月
平成28年2月

施設の概要

(分類)
体育館等スポーツ施設 
(役割・機能)
須崎市立スポーツセンターは、大小2つのアリーナを持つ体育館で、広く市民のスポーツ活動に供されている。また、須崎市地域防災計画に基づく非難施設にも指定されており、災害時には1,500人の収容人員を予定している。
(所在地)
高知県須崎市浦ノ内2269-4

再生可能エネルギー等導入による地域づくりの取り組み状況

年間28,300人のスポーツセンター利用者に太陽光発電に対する理解を広げ、市の補助制度と相まって、より一層の太陽光の普及と節電の意識づけになっている。

事業を行うにあたって工夫した点

特になし。

担当窓口

須崎市 生涯学習課
電話:0889-42-8591
E-MAIL:syogai1@city.susaki.lg.jp

年次報告※初年度は、設備の導入を実施した年度となるため、稼働時間がたいへん短くなっている場合があります。

平成27年度

削減量
0 [t-CO2/年]
導入効果
電力会社との連携確認がH28年4月1日以降のため。