【事業名称】 平成27年度
(仮称)戸畑D街区スポーツ施設新築太陽光発電設備設置工事

再生可能エネルギー設備

  • (発電)太陽光 
    [60kW]
  • (省エネ等)蓄電池 
    [60kWh]

設備の概要

 スポーツ施設に太陽光発電システムを設置することにより、災害時の緊急避難活動を支援するとともに、平常時は二酸化炭素の削減を図る。
太陽電池パネル(単結晶240w×252枚 60kw)
蓄電システム(蓄電池20kw×3台)
パワーコンディショナー(10kw×6台)

CO2削減効果(見込み)
37.649 [t-CO2/年]
総事業費
74,442,000 円
補助金額
74,442,000 円
完成年月
平成28年3月

施設の概要

(分類)
体育館等スポーツ施設 
(役割・機能)
 当該施設は体育館等を含む複合スポーツ施設であるが、完成後は近隣住民の大規模予定避難所(約750人収容可能)に位置づける。この防災拠点に再生可能エネルギーの導入を図り、災害時の避難住民の活動を支援する。合わせて年間約37tの二酸化炭素の削減を図る。
(所在地)
福岡県北九州市戸畑区浅生二丁目1番1号

再生可能エネルギー等導入による地域づくりの取り組み状況

 北九州市は環境モデル都市として選定されて、環境モデル都市行動計画を策定した。現在、この行動計画に基づきながら温室効果ガスの削減に向け様々な取り組みを進めている。
 今回は拠点となるスポーツ施設に太陽光発電を導入するものであるが、導入を契機に市民や利用者に向け、再生可能エネルギーにより電力が提供されていること、災害時には蓄電池等も活用することにより、大規模予定避難所としての活用が可能なことなどのPRを行う。

事業を行うにあたって工夫した点

 今回の太陽光発電設備設置工事は、スポーツ施設新築工事と同時に進めていったため、建築、電気設備、機械設備など様々な工事と綿密な工程の調整が必要になった。本施設は体育館の屋上に設置するため、建築工事の足場を活用しながら、かつ建築工事と競合しないように調整を行い効率的に工事を進めていった。

担当窓口

北九州市 市民文化スポーツ局スポーツ部スポーツ振興課
電話:093-582-2395
E-MAIL:motohide_yazu@city.kitakyushu.lg.jp

年次報告※初年度は、設備の導入を実施した年度となるため、稼働時間がたいへん短くなっている場合があります。

平成27年度

削減量
0.618 [t-CO2/年]
導入効果
 この太陽光発電設備は平成28年3月末に完成し、まだ稼動日数が短いため、平成27年度の二酸化炭素の削減量は上記のとおりである。
 この太陽光発電設備は新たに整備される複合スポーツ施設に導入されるものであり、年間の来場者数を約19万人と見込んでいる。この多くの来場者に二酸化炭素削減の意義や効果をPRすることで、再生可能エネルギーに対する啓発活動を積極的に推進する。