【事業名称】 平成27年度
真正中学校太陽光発電設備導入事業

再生可能エネルギー設備

  • (発電)太陽光 
    [15.36kW]
  • (省エネ等)蓄電池 
    [15kWh]
  • (省エネ等)高効率照明(街路灯含む) 
    [0.0632kW]

設備の概要

避難所施設として位置づけられている中学校へ、太陽光モジュール15.36kW 、蓄電池システム15kWhの導入
災害時に蓄電池からの電力で点灯可能なLED照明(スポットライト)の設置。
災害時の非常用電源の確保、日常の使用電力量を補う事により、環境保全および環境教育へと活用する

CO2削減効果(見込み)
9.638 [t-CO2/年]
総事業費
31,644,000 円
補助金額
30,767,000 円
完成年月
平成27年11月

施設の概要

(分類)
学校等文教施設 
(役割・機能)
災害時の避難所として重要な役割を担う。また、学校施設でもあることから、日常の力を補う事による省エネや、環境保全、環境教育の教材としても活用できる。
避難所収容人数 350人
(所在地)
岐阜県本巣市下真桑1010

再生可能エネルギー等導入による地域づくりの取り組み状況

学校施設であることを活かし、生徒への環境教育の教材として設備を活用し、設備や発電の仕組みや知識を深めることで、生徒から家族、家族から地域へと再生可能エネルギーへの意識を広めていく。また、発電量をHPで公開していくことで、災害時に強く環境にやさしい施設のPRをしていく。防災訓練等で非常用電源の使用方法を確認することで、災害時にも設備を活用できるよう意識づけていく。

事業を行うにあたって工夫した点

防災機能の向上としての機能も備えながら、日常の学校活動でも利用できるような照明、コンセント、スイッチ等の配置。

担当窓口

本巣市 学校教育課 教育総務課仮
電話:058-323-7762
E-MAIL:gakkou-kyouiku@city.motosu.lg.jp

年次報告※初年度は、設備の導入を実施した年度となるため、稼働時間がたいへん短くなっている場合があります。

平成27年度

削減量
3.6 [t-CO2/年]
導入効果