【事業名称】 平成27年度
阿久根市脇本地区公民館再生可能エネルギー導入事業

再生可能エネルギー設備

  • (発電)太陽光 
    [15.39kW]
  • (省エネ等)蓄電池 
    [20kWh]
  • (省エネ等)高効率照明(街路灯含む) 

設備の概要

 脇本地区公民館に太陽光システム(15.39kw)を設置し,蓄電池(20kwh)を導入することで,災害時の避難所としての機能が拡充ざれました。

CO2削減効果(見込み)
9.412 [t-CO2/年]
総事業費
44,550,000 円
補助金額
40,350,000 円
完成年月
平成28年2月

施設の概要

(分類)
県民会館・市民会館・公民館 
(役割・機能)
 脇本地区公民館は,阿久根市地域防災計画で避難所として指定されている施設であり,避難所として災害時に近隣住民250名(収納可能人数)の受入を行います。復旧までの住民の宿泊,給仕等を行うことを想定しています。
(所在地)
鹿児島県阿久根市脇本7363番地

再生可能エネルギー等導入による地域づくりの取り組み状況

 防災訓練時などを通じて,地域住民等に施設のPRを行い,災害発生時における再生可能エネルギーの有効性を啓発することにより,災害時の不安を軽減することができ,また,地域のおける再生可能エネルギーの普及促進を図ります。

事業を行うにあたって工夫した点

 特にありません。

担当窓口

阿久根市 企画調整課 企画推進係
電話:0996-73-1214
E-MAIL:kikaku@city.akune.kagoshima.jp

年次報告※初年度は、設備の導入を実施した年度となるため、稼働時間がたいへん短くなっている場合があります。

平成27年度

削減量
 [t-CO2/年]
導入効果
 平成28年2月完成のため,CO2削減効果等については,把握できていない。