【事業名称】 平成27年度
児童センターゆめてらす防災型太陽光発電設備導入事業

再生可能エネルギー設備

  • (発電)太陽光 
    [5.5kW]
  • (省エネ等)蓄電池 
    [5kWh]

設備の概要

 児童センターゆめてらす屋上に太陽光発電設備5.5kW、施設屋内に蓄電池5kWhを設置し、地球温暖化防止と、災害時に必要な電力を賄えるようにしました。

CO2削減効果(見込み)
3.186 [t-CO2/年]
総事業費
 円
補助金額
 円
完成年月
平成28年1月

施設の概要

(分類)
その他 
(役割・機能)
 児童センターゆめてらすは、地震等の際には集合地に、洪水の際には避難所になることが定められています。
 また、子どもが利用する施設ということで、利用者を保護者に引き渡すまでの安全確保が求められています。
(所在地)
山梨県中巨摩郡昭和町清水新居560番地

再生可能エネルギー等導入による地域づくりの取り組み状況

 昭和町では、恵まれた日照条件を活かし、これまでも公共施設への太陽光発電設備の導入を進めてきました。
今回、導入した設備は、蓄電池を備えた防災型ということもあり、災害時に活用できるということを広報やホームページで周知し、地区の方や、利用者の災害への不安を和らげるとともに、自然エネルギーの有用性を広め、町内での普及促進を図ります。

事業を行うにあたって工夫した点

 今回の児童センターゆめてらすについては、子どもの利用が多いという施設の特性を考慮し、発電量等を表示するモニターを子ども向けの内容にし、子どもにも理解できるものにしました。
 その結果、日頃から子どもたちがモニターの表示を読み上げる等、環境教育にも役立てられています。

担当窓口

昭和町 環境経済課環境衛生係
電話:055-275-8355
E-MAIL:

年次報告※初年度は、設備の導入を実施した年度となるため、稼働時間がたいへん短くなっている場合があります。

平成27年度

削減量
 [t-CO2/年]
導入効果